看板屋の日常から施工実績、お知らせ、看板の出来るまでなどをご紹介しています。
宅地分譲看板を設置したいとのご依頼が有りました。

これから建つ予定の宅地に案内板を

建てたいとのご要望です。

reIMG_2305

敷地の角に建てるための穴を掘りました。

reIMG_2306

そこへ木枠看板を建てます。

仕様は木枠で看板枠と脚を作り、

そこへ看板パネル(アルミ複合板+インクジェット)を

貼っています。

こちらの仕様が比較的安価に建てることが出きます。

reIMG_2307

しっかり脚を埋めて裏に突っ張りも取ります。

reIMG_2311

突っ張りを入れて白に塗装しましたら完成です。

多少の風にも耐える自立式の看板となりました。

宅地は更地の場合が多いので風が吹きます。

風対策の突っ張り等は入れることをおすすめします。

reIMG_2308

reIMG_2309

小さな号地看板も建てました。

こちらは小さいため突っ張りは不要です。

こちらも含めまして無事施工完了しました。


こういった看板をお考えの不動産会社様等

いらっしゃいましたらお気軽にお見積り依頼をお願いします。

お問い合わせ専用フォーム


福岡市博多区の敷地内に自立看板を建てたいとの

ご依頼が有りました。

基礎を設置しその上に看板を建てています。

sP1010501

両面仕様で文字にはシートを使用しています。

sP1010500

高さも高く道路からでもよく見える看板となりました。

このタイプですと少し工期がかかりますが

丈夫で長持ちするものが製作できます。

自立看板をお考えの方はお気軽にご相談ください。


博多区の相談室のお客様よりご相談で

ビル入口の柱にアクリル製のサインを

取り付けたいとのご依頼です。

ビルの横を通りがかる人が

チラシを取るような使用にしたいとのことでした。

壁面からは10mmほど浮かして取り付けました。

reIMG_3408

屋外用の化粧ビスを使用しました。

reIMG_3410

アクリルの厚みは3mmです。

厚いほうが丈夫ですが重さや価格が変わるため

まずはご相談ください。

reIMG_3411

チラシを入れるためのスペースになります。

ポケット式のボックスを加工しています。

reIMG_3412

ポケットの中にゴミがたまらないように

そこに穴を作って加工しています。

ゴミや水抜きの穴は屋外使用の場合は必須となります。

reIMG_3409

無事施工完了しました。

ありがとうございます。


アクリル加工も自社加工が可能なアートエスへお任せください。

お問い合わせ専用フォームはこちら


フォグラスシートの抜き文字の加工を行いました。

フォグラスシートとはすりガラス風のシートで

ガラスの目隠しなどに使われます。

今回はブラウン系のシートを使用しました。

(一般的な白も取り揃えています)

reIMG_3292

シートをカッティングシートと同じ加工で

文字を抜くことが出きます。

ベースの部分はすりガラスで文字の部分は透明になっています。

reIMG_3291

全体に貼って無事施工完了です。

ブラウンが自動ドアのサッシと合っています。

デザイン的にもおしゃれに仕上がりました。


自立看板の土台を製作しました。

型枠で囲ってモルタルを流します。

バス停や置看板に使用する形状となります。

s2018-08-24 14.18.21

流し込んでから固まるまで隅の方へ置いておきます。

外側はすぐに固まりますが寒くなってくると

内側の固まりが悪くなってくるので長時間待ちます。

その後無事完成して納品となりました。


小さめの置型看板などをお考えの方も

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ専用フォーム



最新施工実績
  • 宅地分譲看板の設置
  • 自立看板の設置
  • アクリル製案内サイン
  • フォグラスシートの抜き文字加工
  • 仮囲いへの出力施工
  • 室名案内板の設置
  • 新規整骨院様サイン工事
  • ピクトサインシートの設置
  • アクリル切り文字の施工
ブログ記事検索
お問い合わせ・ご相談

当社へのお問い合わせ・ご相談はこちらからご連絡ください。 また、公式ホームページのメールフォーム、お電話(092-622-0666)からも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。          

名前
メール
本文
公式ホームページ
公式ホームページでは、施工実績を
紹介したサンプルギャラリーや当社
で施工されたお客様の紹介、お得な
各種キャンペーンを掲載しておりま
すのでぜひご覧ください!

福岡の看板製作なら
アートエス株式会社

こちらのページもご覧ください


公式Facebookページ


■広告に関する当ブログの免責事項