看板屋の日常から施工実績、お知らせ、看板の出来るまでなどをご紹介しています。
福岡市城南の美容室様から看板を設置したいとのご依頼でした。

看板の本体は既存のものがあるので新規でパネルを設置しました。

s2018-09-06 10.13.23

元々は整骨院(?)だったようで上からシートを貼って目隠しされているようでした。

s2018-09-06 10.56.20

そのまま上からシートを貼れるような感じではなかったのでまずはパネルを貼ってからシートを貼りました。

s2018-09-06 10.57.26

店舗正面のにもパネルサインを貼って完成です。
既存の看板本体を使用しているので比較的安価に設置することができました。

看板にはいろいろな方法がありますのでなるべく費用を抑えたい方もまずはお気軽にご相談ください。


ステーキ屋さんから看板をリニューアルしたいとのご依頼でした。

側面は看板を追加しすでに建っている自立看板に関してはシートの貼り替えを行うようにしました。

reIMG_6368

側面の看板の横に大きめの看板を追加しました。
アルミ複合板でインクジェット出力です。既存の看板には文字しか無かったため写真なども入れて制作しています。今回はメニューの写真の撮影も行い看板のデザインも行っています。

reIMG_6372

パネルは落下防止のため壁面にビスを打ちます。壁面には接着施工を行っているのであくまで予備としての処置になります。

reIMG_6373

ビスの頭は同色シートでカバーしますのでほとんど目立たなくなります。

reIMG_6375

壁面看板の完成です。
これに横の看板と同様にスポットライトを追加します。

reIMG_6376

こちらのアームホルダーにLEDの管球を使用します。

reIMG_6377

こちらも壁面に固定です。

reIMG_6378

3灯設置しました。1200~1400mmピッチくらいで付けるとこの大きさの看板には丁度良いかと思います。

reIMG_6379

壁面裏側の既存配線から分岐して配線しました。既存配線がない場合は屋内ブレーカーから持ってくることもできます。(その際は電気屋工事が含まれることもあります)

reIMG_6380

reIMG_6382

配線も無事終了です。

reIMG_6381

既存の看板よりも大きくなったため道路からも見えるようになりました。

もうひとつは道路側の自立看板です。
こちらは既存の上から新規の出力シートを貼りました。(弊社出力)

reIMG_6383

順番に貼っていきます。

reIMG_6384

片面終了です。

reIMG_6385

反対面も貼っていきます。

reIMG_6387

反対面も完成です。
併設のパン屋の文字も見えやすいように配置しています。(あくまでもステーキメイン)

reIMG_6388

reIMG_6389

側面も枠と同色で貼って完成です。

reIMG_6391

無事すべての工事が完了しました。

既存の看板のデザインを替えたいや文字を大きくしたいまたは写真を大きく入れたいなどありましたらお気軽にご相談ください。既存の看板の上からシートを貼るなどにすれば比較的安価に行うこともできます。

その他、デザインや(簡易な)写真撮影なども行っておりますのでお気軽にご相談ください。


福岡市今泉のお客様よりビル外部の袖看板が古くなってきたので交換したいとのご依頼でした。

reIMG_5599

アクリルが入っていた既製品の看板でした。
高所作業車での作業になります。

reIMG_5600

上下2つとも交換します。

reIMG_5601

アクリルをはずし軽くしてから下ろします。

reIMG_5603

ビス穴は出来る範囲でシリコンで埋めます。

reIMG_5607

無事撤去完了しました。

reIMG_5605

看板の底の方は水が溜まりやすいため腐食が激しいです。外装はステンレスのためまだもっていますが内部の鉄骨は完全に強度がなくなっていました。

reIMG_5606

ブラケット部分(壁との固定部分)は完全に細っていました。
撤去後は分解して分別廃棄します。


reIMG_5595

後日新規の分の設置があるため意匠面の製作を行います。

reIMG_5596

インクジェット出力を貼って完成です。

reIMG_5609

看板が同じ位置に来るように固定金具を取り付けています。

reIMG_5610

軽いものは手であげます。

reIMG_5611

2つとも設置しました。

reIMG_5612

電気配線等をやり直して完成です。
ブラケット部分には雨がかからないようにカバーを取り付けました。(※オプション)

reIMG_5616

既存のものはタイマーが無かったので新規で追加しました。これで店舗によって点灯時間を替えることが出来るようになりました。

reIMG_5620

無事点灯を確認できました。

古い看板は腐食による落下の危険があります。まずは点検をおすすめしますが腐食が進んでいる場合は交換を検討しましょう。外部に錆が出ている場合は内部はもっとひどい場合が多いので早めの点検をおすすめします。

点検、交換、補修等もアートエスにお任せください。
まずはお気軽にご連絡ください。


福岡市内のお客様から今ある看板が夜になるとほぼ見えなくなるから照明を追加したいとのご依頼でした。

メーカーにより照度の計算をしてもらい設置数と金額のバランスを取っています。看板としてすべて照らしたい場合は照明の数が増えます。文字の部分だけなどバランスを取ることで費用を抑えることもできます。

reIMG_5475

今回は看板用として比較的安価なアームスポットを使用しました。看板用として広く普及しているのでLEDながらかなりお安く購入できます。

reIMG_5477

アームはこういった感じでアッパーとして使用しました。(※LED球はまだ入っておりません)

reIMG_5478

樹脂管で配線を壁に這わせます。

reIMG_5479

LED球を入れてスポットとして完成です。

reIMG_5480

場所によりホルダーを変えて設置します。こちらはアームでなく低位置等に設置するものです。

reIMG_5488

入口の箇所は専用のスポットライトを使用しました。

reIMG_5489

一体型でおしゃれな形状をしています。
よく目につく箇所などに最適です。

reIMG_5490

reIMG_5493

reIMG_5494

無事施工完了です。
遠くからでも店舗の位置が分かるようになりました。

既存の看板を明るくしたいやLED化を検討している方もまずはお気軽にご相談ください。
さまざまな箇所に対応できる商品をご提案致します。


福岡市の珈琲店様からのご依頼で自立看板を設置しました。

敷地内なのですが店舗と反対から来る車に告知をしたいとのことでした。プレハブの倉庫がありましたのでそこと塀の隙間に建てることにしました。

reIMG_5149

車道のどちらからも見えるように2面に表示面を設置します。
2面のため柱は3本となりました。

reIMG_5150

表示面はLアングル組みの骨組みを取り付けます。ここにパネルを設置します。

reIMG_5154

2面分設置完了しました。

reIMG_5155

丁寧に水平を測りながら固定していきます。

reIMG_5156

reIMG_5157

固定設置完了です。これにパネルを貼っていきます。

reIMG_5158

パネルはインクジェット出力シートを工場で貼ったものを持ってきています。現場で貼るよりもゴミも入らず綺麗な仕上がりになります。

reIMG_5159

こちらの面も貼っていきます。

reIMG_5160

2面とも貼り終えました。

reIMG_5161

枠の部分には補強としてアルミアングルを巻いていきます。デザインに締まりが出る効果もあります。

reIMG_5165

パネルの裏側からシリコンを入れて強度を上げます。これをすることで裏側からの風にも耐える丈夫な看板になります。

reIMG_5166

裏側面も無事完成です。

reIMG_5174

reIMG_5175

綺麗に完成しました。
これで店舗の反対の位置からも分かるようになりました。離れた位置からも店名が分かるようになりました。

お店の位置が分かりにくい、遠くからでも誘導できるようにしたいなどお困りの際はお気軽にアートエスまでご相談ください。


最新施工実績
  • 移動販売車へステッカー貼り作業
  • トイレピクトサインの設置
  • ロープサインの施工
  • 立体文字看板の施工
  • アクリル切り文字サイン
  • 美容室の看板設置工事
  • 古くなった袖看板の交換工事
  • 既存看板への照明機器の追加設置
  • L型自立看板の施工
ブログ記事検索
お問い合わせ・ご相談

当社へのお問い合わせ・ご相談はこちらからご連絡ください。 また、公式ホームページのメールフォーム、お電話(092-622-0666)からも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。          

名前
メール
本文
公式ホームページ
公式ホームページでは、施工実績を
紹介したサンプルギャラリーや当社
で施工されたお客様の紹介、お得な
各種キャンペーンを掲載しておりま
すのでぜひご覧ください!

福岡の看板製作なら
アートエス株式会社

こちらのページもご覧ください


公式Facebookページ


■広告に関する当ブログの免責事項