看板屋の日常から施工実績、お知らせ、看板の出来るまでなどをご紹介しています。
看板のリニューアルをお考えのお客様より

チャンネル文字を電照に換えて欲しいとの

ご依頼が有りました。

既存のフレックスサインは不要となったので

撤去を行いました。

チャンネル文字は古さを出しつつも

おしゃれなイメージのある立体文字です。

re2017-12-21 10.17.52

この立体文字にLEDとネオンを加工していきます。

re2017-12-21 14.31.58

レンズ式のLEDで個数を減らすことができます。

re2017-12-21 16.44.29

内照式のタイプには内部にLEDを設置します。

re2017-12-21 14.31.44

ひとつは電球式のものです。

re2017-12-21 16.49.30

防水タイプのもので電球が光るようになります。

re2017-12-21 16.56.03

設置が完了して点灯試験を行いました。

無事点灯しましたので施工日まで保管します。

re2017-12-25 23.51.29

当日作業は高所作業車での作業となりました。

re2017-12-26 00.35.46

電気配線は既存のものを使用します。

屋外に配線がないときは屋内から外に穴を開けて

出すことになりますが事前に調査が必要になる場合があります。

re2017-12-26 00.58.07


1文字ずつ壁面に文字を付けていきます。

re2017-12-26 01.53.44

その後、ネオン業者に両サイドのネオンを設置してもらいました。

点灯試験もOKです。

re2017-12-26 03.28.54

全ての配線作業が完了しました。

re2017-12-26 03.41.49

点灯試験完了です。

両サイドがネオン管、その他がLEDとなります。

左から4文字目の「O」がLED電球となります。

re2017-12-26 04.23.38

少しわかりやすくしました。

ネオン管は値は張りますが雰囲気が出て綺麗です。

re2017-12-26 05.43.11

下の文字はカルプ文字です。

電気の点灯も確認して無事施工完了です。



LEDの設置やネオン管の設置、立体文字の製作を

お考えの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ専用フォーム



木製の自立看板を建てるので

そこへ看板パネルを設置して欲しいとのご依頼です。

reIMG_1073

既存の木枠に仮止めの両面テープを貼っていきます。

reIMG_1074

こちらに看板パネルを貼っていきます。

reIMG_1075

両面貼りですが裏側はこういった状態です。

reIMG_1076

パネルを貼り終わったところで隙間のコーキング作業です。

パネルと木枠の間の隙間を埋めます。

reIMG_1077

白のコーキングで埋めました。

見栄えも良くなりました。

reIMG_1079

上下の隙間は風対策となります。

無事施工完了です。

reIMG_1081

一本桜が見えるよいロケーションです。

春が楽しみです。


お店の柱の間にアクリルのパーテーションを

設置したいとのご依頼でした。

店内の柱の間に透明アクリルに

カッティングシートを貼ったものを設置します。

reIMG_1087

L字の固定金物で設置します。

reIMG_1093

両サイドに固定して動かないようにしています。

reIMG_1090

とてもおしゃれなパーテーションになりました。

カッティングシートですので

デザインも様々なものが可能です。

reIMG_1091

またインクジェット出力などにも対応しています。

いつもと違ったパーテーションをお探しの方は

オリジナルで製作するのも良いかと思います。

気になった方はお気軽にアートエスまでご連絡ください。


今回は大型のガラスのフィルム貼りを行いました。

商業ビルのエントランスにある大型のFIXに

ガラスフィルムを貼っていきます。

21

古いフィルムを剥がして新しいのを貼ります。

上から下まで6mほどありました。

内側に足場を組んでの作業のため

不安定な作業で神経を使います。

30

なかなか難しい作業でしたが

無事施工完了しました。

ガラスフィルムにも様々なものが存在していますので

まずはお気軽にご相談ください。


アクリル看板(電照)の改修をしたいとの

ご依頼を頂きました。

看板が古くなってしまったので

見た目だけでも新しくできないかとのことです。

アクリルも古くなってしまっていたので

新しいのと交換で文字も変更しました。

59

高さは6m程度有りましたので足場作業となります。

設置高さと費用の違いについてはこちらをご参考ください。

→ Q : 看板の設置場所の高さで費用は変わりますか?

42

アクリルを外して入れ替え作業を行います。

場合によっては外したアクリルを持ち帰り

型取りなどを行う場合もあります。

その際は内部に雨などが入らないようにカバーをします。

31

取付作業完了しました。

本体はサビなどが出ていましたが

塗装屋さんが塗装をしています。

45

アクリル枠が錆びてしまっていたので

はずれないように補強を行いました。

48

これで更に長持ちする看板となりました。

既存の看板の改修をお考えの方は

アートエスまでご相談ください。

なるべくお安く改修できる案をご提案致します。

お問い合わせ専用フォーム



最新施工実績
  • 宅地分譲看板の設置
  • 自立看板の設置
  • アクリル製案内サイン
  • フォグラスシートの抜き文字加工
  • 仮囲いへの出力施工
  • 室名案内板の設置
  • 新規整骨院様サイン工事
  • ピクトサインシートの設置
  • アクリル切り文字の施工
ブログ記事検索
お問い合わせ・ご相談

当社へのお問い合わせ・ご相談はこちらからご連絡ください。 また、公式ホームページのメールフォーム、お電話(092-622-0666)からも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。          

名前
メール
本文
公式ホームページ
公式ホームページでは、施工実績を
紹介したサンプルギャラリーや当社
で施工されたお客様の紹介、お得な
各種キャンペーンを掲載しておりま
すのでぜひご覧ください!

福岡の看板製作なら
アートエス株式会社

こちらのページもご覧ください


公式Facebookページ


■広告に関する当ブログの免責事項