看板屋の日常から施工実績、お知らせ、看板の出来るまでなどをご紹介しています。
店舗の駐車場に看板を設置したいとの

ご依頼で製作施工を行いました。

今回の内容はチャンネル文字(立体文字)の

光る仕様のものです。

reIMG_2497

文字の裏側が光る仕様です。

壁側が光るように文字の中にLEDを仕込みます。

reIMG_2498

こういった感じで等間隔に設置していきます。

reIMG_2502

電源を入れるためのボックスも準備します。

reIMG_2507

文字の配線も事前に行っておきます。

配線の結線が意外と時間がかかります。

間違えると点かないだけでなく

故障の原因ともなるので丁寧に作業します。



後日、施工にお伺いしました。

reIMG_2508

取付位置にベース金物を設置します。

reIMG_2509

壁の裏側に電源を設置するため

壁に穴を貫通させています。

reIMG_2510

文字を設置してある看板をはめて完成です。

ある程度組んだ状態で施工するので

現地での作業を減らすことが出来ます。

reIMG_2512

裏側の結線まで終わり無事終了です。

素材はステンレスのためサビにも強いです。

塗装も焼付塗装のためこちらも経年劣化が少ないです。

reIMG_2513

暗い場所での点灯状態です。

夜でも駐車場の位置がよくわかります。


最近増えてきたバックライト文字。

バックライトにもアクリルを使うものなど

別の仕様もありますので

まずは下記よりお気軽にご相談ください。

お問い合わせメールフォーム


福岡県直方市のイオン近隣のサロンへ

電照幕の施工を行いました。

reIMG_4933

ベランダの開口部分に幕を設置して

裏からスポットライトで照らしたいとの

ご依頼でした。

開口部内側の壁面の部分に

幕を固定する金物を設置して幕張りを行います。

金物はどこにでも付けていいわけではなく

幕が風にも耐えられるように

壁内の鉄骨の位置にビスを打たないといけません。

その位置などは図面を見ながら現場監督と

事前調査を行って決めていきます。

reIMG_4934

幕を固定するための金物のバーです。

reIMG_4935

壁に穴を開けるため養生を付けていきます。

コンクリートに穴を開けると粉が舞うためです。

reIMG_4938

現場で採寸しながら必要量を切っていきます。

reIMG_4939

バーを固定していきます。

reIMG_4940

四方をぐるっと囲むと完成です。

reIMG_4942

こちらの金物に幕を張っていきます。

ピンと張りながら固定していきます。

reIMG_4943

ピンと張った状態で仮固定します。

reIMG_4945

幕を専用のバーとビスで固定していきます。

reIMG_4946

最後に余った幕をカットして作業終了です。

reIMG_4947

無事施工完了しました。

計算をして風圧にも耐えられるような

構造にしています。

reIMG_4948

表から見るとこういった感じです。

夜はイオン側から見ても

店舗の場所がよく分かり良い看板となりました。

一般的な電照看板と仕様が違いますが

こういった物も製作可能ですので

まずはお気軽にご相談ください。


宅地分譲看板を設置したいとのご依頼が有りました。

これから建つ予定の宅地に案内板を

建てたいとのご要望です。

reIMG_2305

敷地の角に建てるための穴を掘りました。

reIMG_2306

そこへ木枠看板を建てます。

仕様は木枠で看板枠と脚を作り、

そこへ看板パネル(アルミ複合板+インクジェット)を

貼っています。

こちらの仕様が比較的安価に建てることが出きます。

reIMG_2307

しっかり脚を埋めて裏に突っ張りも取ります。

reIMG_2311

突っ張りを入れて白に塗装しましたら完成です。

多少の風にも耐える自立式の看板となりました。

宅地は更地の場合が多いので風が吹きます。

風対策の突っ張り等は入れることをおすすめします。

reIMG_2308

reIMG_2309

小さな号地看板も建てました。

こちらは小さいため突っ張りは不要です。

こちらも含めまして無事施工完了しました。


こういった看板をお考えの不動産会社様等

いらっしゃいましたらお気軽にお見積り依頼をお願いします。

お問い合わせ専用フォーム


福岡市博多区の敷地内に自立看板を建てたいとの

ご依頼が有りました。

基礎を設置しその上に看板を建てています。

sP1010501

両面仕様で文字にはシートを使用しています。

sP1010500

高さも高く道路からでもよく見える看板となりました。

このタイプですと少し工期がかかりますが

丈夫で長持ちするものが製作できます。

自立看板をお考えの方はお気軽にご相談ください。


博多区の相談室のお客様よりご相談で

ビル入口の柱にアクリル製のサインを

取り付けたいとのご依頼です。

ビルの横を通りがかる人が

チラシを取るような使用にしたいとのことでした。

壁面からは10mmほど浮かして取り付けました。

reIMG_3408

屋外用の化粧ビスを使用しました。

reIMG_3410

アクリルの厚みは3mmです。

厚いほうが丈夫ですが重さや価格が変わるため

まずはご相談ください。

reIMG_3411

チラシを入れるためのスペースになります。

ポケット式のボックスを加工しています。

reIMG_3412

ポケットの中にゴミがたまらないように

そこに穴を作って加工しています。

ゴミや水抜きの穴は屋外使用の場合は必須となります。

reIMG_3409

無事施工完了しました。

ありがとうございます。


アクリル加工も自社加工が可能なアートエスへお任せください。

お問い合わせ専用フォームはこちら


最新施工実績
  • 矢印スタンドサインの製作
  • シャッターサインの施工
  • 屋内誘導用アクリル切り文字の設置
  • 一本脚自立看板の施工
  • トイレピクトや突出看板の設置
  • ガラス面にデザインシートの施工
  • ガラス面にインクジェット出力の施工
  • 居酒屋のメイン看板の製作
  • バスへインクジェット出力の施工
ブログ記事検索
お問い合わせ・ご相談

当社へのお問い合わせ・ご相談はこちらからご連絡ください。 また、公式ホームページのメールフォーム、お電話(092-622-0666)からも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。          

名前
メール
本文
公式ホームページ
公式ホームページでは、施工実績を
紹介したサンプルギャラリーや当社
で施工されたお客様の紹介、お得な
各種キャンペーンを掲載しておりま
すのでぜひご覧ください!

福岡の看板製作なら
アートエス株式会社

こちらのページもご覧ください


公式Facebookページ


■広告に関する当ブログの免責事項