看板屋の日常から施工実績、お知らせ、看板の出来るまでなどをご紹介しています。
看板にとって文字の大きさは、とても重要です。

せっかく設置しても何が書いてあるか分からなければ

意味がありません。

デザインするときは、あれもこれもとなりますが

実際設置してみると字が小さ過ぎるということもあります。

sP1000376111

意匠面(デザイン面)に書かれる文字の大きさには、

次のような方式が使われます。


文字の縦の大きさ(cm) × 250 = 判読距離(cm)


あくまでも目安ですが、参考になります。

例として片側2車線(右折レーンあり)の国道の交差点に

看板を設置したとします。

そのときの停車中の車までの距離はおよそ50~60mになります。

看板距離

ですので、文字の大きさは逆算して

50m × 100cm = 5000cm

5000 ÷ 250 = 20cm

一文字の大きさはおよそ20センチくらいが最適になります。

しかしながら

この大きさは信号待ちなどで見てもらえる大きさです。

実際に走ってる車からでは

この文字の大きさを1.5~2倍にしなければいけませんので、

野立て看板などを製作するときには注意が必要です。

(※文字の複雑さなどによりさらに大きくした方が良い事もある、

逆にアルファベット等はもう少し小さくても可)



ですので、

看板を設置するときにはぐっと文字の量を減らして

簡潔に文字を配置することが重要
です。

遠くから見るため用のもの(野立てや店舗メイン)と

近くまで来てくれたお客様用のもの(メニューやスタンド)とを

分けて設置するとよりアピール効率が上がります。


デザインを決めるときには、

実際の写真に置いてみた合成写真などを作ってみると良いでしょう。


下記の本も参考になりました。



  


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
最新施工実績
  • 矢印スタンドサインの製作
  • シャッターサインの施工
  • 屋内誘導用アクリル切り文字の設置
  • 一本脚自立看板の施工
  • トイレピクトや突出看板の設置
  • ガラス面にデザインシートの施工
  • ガラス面にインクジェット出力の施工
  • 居酒屋のメイン看板の製作
  • バスへインクジェット出力の施工
ブログ記事検索
お問い合わせ・ご相談

当社へのお問い合わせ・ご相談はこちらからご連絡ください。 また、公式ホームページのメールフォーム、お電話(092-622-0666)からも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。          

名前
メール
本文
公式ホームページ
公式ホームページでは、施工実績を
紹介したサンプルギャラリーや当社
で施工されたお客様の紹介、お得な
各種キャンペーンを掲載しておりま
すのでぜひご覧ください!

福岡の看板製作なら
アートエス株式会社

こちらのページもご覧ください


公式Facebookページ


■広告に関する当ブログの免責事項